上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
新潟県に行ってきました。血液がん患者あさがお家族会さん主催で、新潟県立がんセンターでコンサートをしてまいりました。高畠町から朝8時に出発して、10時半到着、2時間半で着きました。意外と近いんだね。車中の過ごし方、よく音楽聴きながらいくと思ってる人も多いでしょうが、私は音楽もラジオも聴かずに、運転に集中しながら、たまに歌う曲の歌詞を確認している時が多い。そんな感じで無事に着き、今日はどんな出会いがあるのか、ワクワクしながらコンサート会場に入るんです。
今日は、以前、骨髄バンクのドナー登録会で出会った新潟の高野さん夫婦と、がんセンターの石黒医師の声掛けで実現しました。患者と家族の交流会では、日頃の闘病生活で感じてる事を、医師と共にぶっちゃけトークをお茶を飲みながらしてました。それが終わってからいよいよマチャアキコンサート!
今回のコンサート、正直ゆうと、がんと闘ってる患者さんの前なので、選曲やMCもいろいろ悩みながら構成しました。みんなに元気を与えよう、癒しの時間にしよう、少しでも現実世界を忘れて、私の歌を聞いた後に心がリフレッシュできたら最高!そう思いながら「魂の歌」を届けました。そしてあっという間の1時間。涙を流す人、ステキな笑顔の人、スッキリした顔の人、会場中の人が興奮、喜びに満ち溢れていました(自分でいうのもなんですが)。

本当にいい経験させていただきました。命と向き合い生きているみなさんへ、「また、歌いに行きます。パワーを届けます。それまで、元気でいて下さい。」

この度のコンサートでお世話になった高野さん夫婦、丹後さん、石黒先生、張先生、そしてアサガオ患者会のみなさん、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
2012.06.19 Tue l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。